神楽坂かぐら連 阿波踊り
神楽坂まつり 阿波踊り

神楽坂阿波おどり 発祥のいきさつについて

今でこそ人気で土日には多くの人で賑わう神楽坂。
昭和47年頃、神楽坂のイメージアップにとはじめたのがきっかけです。

昭和47年(1972年) 徳島より娯茶平を招聘、指導をうけ「神楽坂阿波踊り」がスタートしました。
神楽坂の玄関口となるJR飯田橋駅に隣接して「牛込見付」が現存しています。この工事を1636年、三代将軍光圀公から仰せつかったのが、阿波徳島藩の蜂須賀家でした。そこで、徳島県のご協力を得ながらスタートしたのが「神楽坂阿波踊り」と言われています。
昭和49年(1974年) 「神楽坂阿波踊り」のスタートから3年目を迎え、主催者である神楽坂通り商店会の役員が中心となり、「かぐら連」が誕生しました。また、高円寺・天狗連と姉妹連となりました。
平成4年(2002年) 新宿区の呼びかけで、新宿区に所縁のある小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕地であるギリシャ・レフカダ島で阿波踊りを披露するため、初めての海外遠征を実施しました。
平成8年(2006年) 前回の遠征と同様に、新宿区の呼びかけにより、イタリア・ヴェネチアで阿波踊りを披露するため2回目の海外遠征を実施しました。
平成11年(2009年) 前回同様に、新宿区の呼びかけでフランス・パリを中心に阿波踊りを披露するため3回目の海外遠征を実施しました。
姉妹連 天狗連(高円寺)
友好連 中村橋新連(中村橋)、北の御門連(九段下)、あずさ連(神楽坂)、バオバブ連(神楽坂)、第一勧信連(神楽坂)、ボーイスカウト新宿17団連(神楽坂)
inserted by FC2 system